コンテンツにスキップ

商品説明

※海外輸入品(カメラやドローンなどの精密機器以外)は、輸送時に外箱に潰れや擦り跡が発生する場合があります。



カスタマイズされたシステム・オン・チップ(SOC)とモジュール式回路が、高効率、高性能なモーター制御アルゴリズムと連動することで、より高速で精密になったDJI TakyonシリーズESC
DJI Assistant 2は、直感的に操作でき、広範囲のパラメーターを設定して、パフォーマンスを最適化できます。 また、ファームウェアのアップデートも簡単にできます。
小型軽量
Takyon Z4 Mini ESCシリーズは、最高100 MHzの周波数で動作する32ビットの一体型DJIモーター駆動用チップと正確な制御と瞬時に反応する高精度なオシレーターを採用。 一体化により小型化され重量もわずか1.6gになっています。リップル電圧は、同サイズの同等のESCより40%低く、電源電圧の変動も最小限に抑えられています。
3Dモード
Z4 Mini シリーズの3Dモードでは、瞬時にモーターの回転方向を変更できます。 これにより、速度と方向を維持しながら反転するなど他の方法では不可能だった操作が可能になりました。 スロットルの反応が早く、思いのままに操縦できます。
最大限の互換性を確保
内蔵の磁束観測技術や自己制御技術により、Z4 Mini ESCは、レース用で使用される高速KVモーターを始めとした幅広い方形波駆動ブラシレスモーターを手動の調整なしに使用できます。 また、ESCは最大500Hzの高速スロットル周波数や、レース用ドローンの性能をさらに向上できようにOneShot125にも対応しています。
効率的なアクティブブレーキ・コントロール
TakyonシリーズのESCはアクティブブレーキキングモードをサポート。 Takyon搭載の機体は飛行中、迅速にブレーキングが可能で、敏捷かつ正確に操作できるため、パワーロスが減少し、効率性が向上します。
リアルタイム・モータープロテクション
新たな一体型の固定ロータープロテクションは、ローターがロックしたり、ブロックされたりした際、モーターを損傷から保護します。 TakyonシリーズのESCは接続されているモーターをリアルタイムでスキャンし、モーターがストールすると、電源をオフして、推進システムを損傷から保護します。
簡単な設定と調整
DJI Assistant 2は、機体をどのように飛行させるかを簡単にカスタマイズできます。 あらゆるニーズに合わせて、アクセル、タイミング、アクティブブレーキング、スロットルレンジ、PWM周波数を設定し、レース用ドローンを素早く簡単にチューンナップ可能。 また、DJI Assistant 2は新しい機能と互換性を実現するファームウエアアップデートにも使用します。