コンテンツにスキップ

商品説明

※海外輸入品(カメラやドローンなどの精密機器以外)は、輸送時に外箱に潰れや擦り跡が発生する場合があります。



Inspire 2、CrystalSkyモニターを組み合わせ、高度に一体化されたユニットを構築するという発想から設計された送信機
Cendenceを使用することにより、操作性が向上し、Inspire 2の実力を最大限に引き出すモジュール構成を実現します。
Cendenceの特長
CendenceはInspire 2のためにカスタム設計されましたが、その他プロフェッショナル向けDJI製品との互換性もあります。 最大5個のアナログ制御チャネル、10個以上の割り当て可能なボタンを搭載、全体の操作効率性を向上させました。 Cendenceはアンテナ交換が可能な設計です。 ダイヤル・レバー・ノブ フロントパネルの2つのノブでジンバルのピッチとヨーを操作し、左右のレバーとフォーカス調整ノブでフライトコントローラー設定とジンバルカメラをリアルタイムで調整します。 これにより、プルフォーカスと絞りの設定が行えます。 カメラ設定 ショートカットボタンを割り当て、素早くカメラ設定を行うことができます。 特定の設定をまとめたり、使用頻度の高い設定を保存したりできます。 カスタム機能 ボタンを割り当て、フォーカスピーキングやカラー波形、障害物回避、ホームポイントの再設定、接近警告、飛行中のヒントなどの機能を、アプリを使用せずに有効/無効を切替できるようになります。 ボタンの組合せ 特定のボタンを押した状態で、ダイヤルを回したり、左右のレバーでトグル操作をすると、ジンバルロール、シャッタースピード、絞り、ISOを切替られます。
脱着可能設計、CrystalSkyに対応
Cendenceモニター取り付けブラケットで、Cendence送信機にCrystalSkyモニターを取り付けられます。 Cendence送信機のアンテナ、PCB、取り付けブラケット、バッテリーはすべて脱着可能です。 ハードウェアを簡単にアップグレードできるので、今後のDJIの製品との互換性を持たせるよう、送信機のカスタマイズも可能です。
2オペレーター制御
より高精度なカメラ操作が必要な場合、Cendence送信機はInspire 2の送信機 または別のCendence送信機と、マスターあるいはスレーブ送信機として接続できます。
複数ポート
SDIとHDMIポートで1080i50および720p60の放送に対応します。 CANポート経由で、DJI Focusまたはその他の対応アクセサリーと接続できます。 10Mbpsの最大伝送速度を実現し、ビデオダウンリンク品質が大幅に向上します。 USB Aポートはその他のモバイルデバイスとの接続に対応しています。
バッテリーシステム
Cendenceは最大稼働4時間の脱着可能なバッテリーを使用しています。 バッテリーが切れた場合は、満充電のバッテリーと交換したり、電源ポートからCendenceを充電したりできます。 CrystalSkyモニターと同じバッテリーを使用しているため、製品の互換性が向上しています。
多彩なアクセサリー
多彩なアクセサリーの使用で、Cendenceの使用性がさらに向上します。 Cendenceサポートリグを使用すると、送信機の重量を分散でき、長時間の使用が楽になります。 コントロールスティック カバーを装着すると、スティックの隙間への埃の侵入を防ぎ、スムーズで信頼性の高い操作性を実現します。 取り替え可能なモバイルデバイス・ホルダーで、CrystalSkyモニターの代わりにスマートフォンやタブレットを取り付けられます。
互換性
現在、CendenceはInspire 2とMatrice 200シリーズの機体と互換性があります。

仕様

互換性

Inspire 2
Matrice 200シリーズ
CrystalSkyインテリジェントバッテリー
Cendence モバイルデバイスホルダー