コンテンツにスキップ

商品説明

※海外輸入品(カメラやドローンなどの精密機器以外)は、輸送時に外箱に潰れや擦り跡が発生する場合があります。



業界トップの通信技術と制御アルゴリズムを搭載し、抜群の精度でジンバルを遠隔操作できるカメラワーク制御システム
【主な特長】
正確なコントロール 通信遅延(レイテンシ)は、わずか10ミリ秒。カメラの動きは、ほぼリアルタイムでDJI Force Proと同期します。内蔵コンパスと高精度IMUが連携し、動いていても静止していても滑らかな制御を実現し、ジンバルのドリフトを防ぎます。 安定した伝送 無線機器は電磁干渉に悩まされます。DJI Force Proは2.4GHz/5.8 GHzのデュアル周波数帯に対応。電波干渉に悩まされることはもうありません。(日本では、2.4GHzのみ使用可能。)また、その制御範囲は最大3 kmです。 有線接続にも対応し、撮影現場のさまざまな機器との干渉を徹底的に軽減します。

使いやすい操作性 Ronin 2と同様に、ユーザーはジンバルとカメラ設定をDJI Force Proの内蔵スクリーンとボタンで調整できます。調整ダイヤルを使用して、各軸の速度を調整することもできます。 長時間バッテリー駆動 DJI Force Proは、最大5時間まで駆動できる4750 mAバッテリーを搭載し、撮影中常に起動していても耐えられます。また、Force ProのUSB-CポートやCAN BUSポートからForce Proを充電することもできます。 幅広い互換性 DJI Master Wheelsは、同梱されているレシーバーでRonin 2とRonin-S、S-BUS接続したサードパーティ製のジンバルにも対応します。その他のデバイスにも、近日対応予定です。

フレキシブルな取付け 軽量で、モニター、動画伝送システム、サムコントローラーなど、多彩なアクセサリーと同時に接続できるため、応用範囲を最大限に広げられます。また、同梱のアダプターを使って三脚に取り付けることもできます。 ■アクティベーションについて 初回起動時にPCソフト「DJI Pro Assistant」に接続してアクティベーションする必要があります。 ■Ronin-Sと接続するには Ronin-Sのファームウェアを更新の上、DJI Pro Wireless Receiverの2つのスイッチをそれぞれ「CAM」「2.4GHz」、RONIN-Sのfocus Wheelのスイッチを「CAM」に変更してください。

仕様

消費電力

3 W

消費電圧

3.85 V

バッテリー

4750 mAh/18.21Wh

動作温度

-10° -55℃

充電温度

0°-45℃

バッテリー持続時間

5 時間

充電電流

2A

充電時間

2.5 時間

DC入力

9 V-26 V

DC出力

5V/1A